エネルギーの地産地消で、京都府北部地域をもっと元気に。 私たちは、地域のエネルギーと人の ハブ機能を果たします。

自然の恵を活かしたエネルギーを生み出す人や団体と、このエネルギーを使いたい人や団体。地域を元気にする活動を担う人や団体と、この活動をサポートしたい人や団体。これがつながると、地域で様々な好循環が生まれると期待されます。

たんたんエナジー株式会社は、小売電気事業者登録されている事業者です。私たちは、地域のエネルギーと人のハブ機能を果たし、エネルギーの地産地消を通じて、地域を元気にする活動をお手伝いさせていただきたいと考えています。

私たちが目指すもの

私たちが目指すのは、持続可能な地域の実現です。

「温室効果ガス排出実質ゼロ」の実現に向けて、世界は急速に動いています。
産業革命からの気温上昇を1.5℃に留めるためには、2050年までの間(あと30年)に温室効果ガス排出量を実質的にゼロにすることが必要です。
京都府も、「2050年までに温室効果ガス排出量の実質ゼロ」を目指すことを宣言しました。

「温室効果ガス排出実質ゼロ」は、江戸時代の生活に戻ることを意味しません。
地元のエネルギーを、食べ物を、木材を、地元で大切に使うことで、「実質ゼロ」に向かうことは可能です。
地域の自然の恵みを、地域で使う。これを通じて、環境も、経済も、社会も向上していく。私たちが目指すのは、持続可能な地域の実現であり、国連で掲げられた持続可能な開発目標(SDGs)の達成です。

SDGsのロゴ一覧

詳しく見る

私たちのプロジェクト

私たちは、4つのプロジェクトを推進します。

1みんなで支える子どもたちの電気

子どもたちにCO2ゼロの地元のエネルギーを届けたい。住宅の屋根などを使い地域の自然の恵みで作られた電力をお預かりし、地域の学校や公民館などに供給することを目指します。

2みんなで支える地域活動

庭や商店等に販売数電気代の一部を、登録された地域活動の中から選んで寄付を行うことで、電力購入を通じて市民が地域活動をサポートできる仕組みを作ります。

3再エネを軸とする企業ブランディング支援

必要な電力を再エネでまかなうことを目指す「RE100」や「RE Action」などに参加する企業が増えています。エネルギーの地産地消の仕組みを作り、こうした企業を応援します。

4市民協働発電所・節電所

自然の恵みは地元の貴重な資源。これを多くの人が参加して活用し、その利益もできる限り地元で循環されるよう、市民協働発電所のプロジェクトを進めます。限りあるエネルギーを、できる限り大切に。多くの人が参加する形で省エネ改修などを進める、市民協働の「節電所」づくりも進めていきます。

詳しく見る

ページの先頭へ