お届けする電気

電源構成

たんたんエナジーは、丹波・丹後地域の自然の恵みを活かした発電所から電力を目指して取り組んでいます。

■再エネ100メニュー※1

2023実質再エネプラン

※1)たんたんエナジーは、非化石証書(再エネ指定)や再エネ発電由来Jクレジットなどの環境価値のある証書を組み合わせることで調整後排出係数がゼロとなる実質再エネ電気メニューを設けて電気をお届けしています。また、記載されている値は、2023年度計画値となっております。計画値に変更がありましたら、速やかにウェブサイト上でお伝えいたします。
※2)卸電力取引所の電気には、水力、火力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。
※3)他社から調達している電気のうち発電所が特定できないものは「その他」としています。

 

■標準メニュー

2023標準プラン

※4)標準メニューの排出係数は昨年度実績を記載した計画値です。計画値に変更がありましたら、速やかにウェブサイト上でお伝えいたします。
※5)卸電力取引所の電気には、水力、火力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。
※6)他社から調達している電気のうち発電所が特定できないものは「その他」としています。

 

2022年度実績値

■再エネ100メニュー

調整後排出係数:0(kg-CO2/kWh)※7※8

■標準メニュー

調整後排出係数:0.221(kg-CO2/kWh)※7

※7)FIT電気は、「太陽光」「風力」「水力」「地熱」「バイオマス」のいずれかを使い、国のFIT制度(固定価格買取制度)によって支援を受けて発電された電力です。
2022年度の電源構成実績値は、みんな電力より卸電力供給をうけ、内訳は、FIT75%(太陽光10%、バイオマス25%、水力15%、風力25%)、太陽光1%、その他25%です。
FIT電気を調達する費用の一部は、電気をご利用する皆様から集めた再生可能エネルギー発電促進賦課金により賄われているため、費用負担や二酸化炭素排出係数の取り扱いが 他の再生可能エネルギー源で発電した電気とは異なり、火力発電などを含めた全国平均の電気のCO2排出量をもった電気として取り扱われます。
※8)たんたんエナジーは、非化石証書(再エネ指定)や再エネ発電由来Jクレジットなどの環境価値のある証書を組み合わせることで調整後排出係数がゼロとなる実質再エネ電気メニューを設けて電気をお届けしています。
※9)2022年度基礎排出係数:0.113(kg-CO2/kWh)

ページの先頭へ